今日の「〜してみた」
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリフリ地鶏のブログ

基本的に変です

女性も"ワッ"と驚くホワイトデーのお返しを作ってみた。

昨日は更新できなくてすみません...

夜中まで行進の練習してたら寝落ちてました。

(←そのまま崖っぷちまで行進して落ちろ!)

 

.........

 

さて、今日もしょうもないことについて書いて

いきます。

 

「ほんといつもしょうもないよな、でもまあ見

てやるか」

と思ったくださる方は是非見ていただきた

い!!

 

さて、今日は "ホワイトデーのお返しを作って

みた" というタイトルなのですが....

 

ホワイトデーもなにもまだバレンタインデーす

ら来ていない。

そしてまだ誰からもチョコを貰っていない状態

なのにもうすでに貰える未来を予想してお返し

を作っていくというこの準備の良さ。

(まるでホムンクルスのキングブラッドレイかの

ようなこの準備の良さはまるで%€$¥€%$〒

〆、、、)

 

しかもなんならチョコなどもらった記憶がな

い!!

......

まあ多分貰いすぎて、もうチョコレートなんて

貰いたくないと現実逃避した結果記憶が消えた

に違いないのでなんの心配もしていません。

(まだ涙はこぼれてない......😢)

 

あ、そういえば...

 

毎年実家の母から

「どうせあんた誰からも貰えないんだろうから」

と、チョコを送ってもらっているんですよ。

僕は3人兄弟で、姉と妹がいるため、こやつら

が失敗作 or 毒味作を律儀に送ってきてくれる

わけですね。

 

そして今年もこの季節が来ました。

今日、昼間母からわざわざ電話があり

 

母「姉と妹がカカオの味を知らない弟のために

チョコレートというものを送ってくれたからね

ぇ!大事に食べなさいよ!」

と。

 

「余計なお世話じゃハゲェ!!

今年はもうホワイトデーのお返しをすでに作ってるレベルで頑張ってるからさすがに貰えるわボケェ!!」

 

と言ってやりたいところですが、

 

僕「毎年ありがとう、この恒例行事のおかげで

かろうじて毎年カカオ摂取できてるわ...」

 

と返してやりました....。。

、、、

........。

 

 

赤の他人よ!!チョコをくれ!!!

 

 

と、こんなかわいそうな性少年...、、

青少年の話は置いといて

 

女性を "ワッ" と驚かせるホワイトデーのお返

しを作っていきましょう。

 

まあ、1年中チョコレートを貰い続けている僕

は、「お返ししなくていいよ、これは私がただ

あげたかっただけだから」

と言われ続けているので、なんといってもホワ

イトデーのお返しなんて返したことがない。

 

.....。、

 

はい、お返すチャンスすら貰えません。

なんなら貰ってもないのに駅のホームにいる女

性に片っ端からお返ししていきたいほどに。

(※仕返しではありません。)

 

というわけなので、普通の人がなにをお返しし

ているのかが全く想像がつかないわけなので

す!

 

そこで僕は考えました。

(やはり女性は野望がある人が好きだよなぁ、大

きい夢と財産・名誉を持ち、それらを分け与え

てくれる人とかを好きになるよなぁ。)

 

これらを考えると、やはり高価な物が効果的

 

.......。

 

なのです!!!!!!!!

 

さらに調べていくと、効果な物じゃなくても、

100万ドルの夜景・風景・眺めなら女性は喜ぶ

とも書いてある...

(なるほど、景色が綺麗ならお金かけなくてもい

いのか...)

 

そして、人間誰しも壊れやすいものよりは壊れ

にくいものの方を好む。

人間関係も同じ (←ちょっと何言ってるかわか

んない。)

 

そして、恐らく男女関係なく、自分が人々の上

に立ってみたいと思ったことが人生で1度はあ

ると思う。

 

そこで、

これら全てを順にまとめてみよう。

女性がホワイトデーのお返しに男性に求めるものとは

----------------------------------------------------------------

・高価なもの

 

・眺めが良い場所

 

・壊れやすいものより壊れにくいもの

 

・人々の上に立てる

----------------------------------------------------------------

これらである。

そして、これら全てを満たした男は、

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆ 世界中の女性から愛される!!   ☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

といっても過言ではない。

 

そして僕はこれら全部を満たすものを思いつい

てしまった。

天才なのだろうか、多分天災だろう。

天才で天災なのだから、恐らく転載も十八番な

のだろう。(←まだそんなことはしていませ

ん。)

 

さぁ、、僕が思いついたものとは

 

 

"お城"  である!!

 

......

 

何言ってんだこいつ、本能寺ホテルの見過ぎか

よ。 (←まだ観ていません。)

 

っと皆さん全員1人として違わず思ったでしょ

う。

 

でもよく考えてみてください。

お城とは

 

・たしかに金がかかってるから高価

 

・眺めも天守閣まで登れば最高

 

・まあ難攻不落と言われる城があるくらいだか

ら頑丈だろう。 (手抜き工事は別)

 

・お城をもらった女性はその城の城主なので、

人々の上に立つものである。

 

どうだろう、全て満たしている。

 

恐らくホワイトデーのお返しで、様々な意

見がある中での本当の正解は

"お城" が軍を抜いて1位だろう。

 

そうと分かればあとはお城を作るだけだ。

 

.....

。。。。

 

 

(お城ってどうやって作るの....?🤔)

と思っていた矢先に

 

インターホン「ピンポーン」

 

誰か来た。

 

扉を開けますか?

→ はい

     いいえ

 

ガチャ 

 

 

すると、そこには緑色のキャップを付けた見知

らぬ人が立っていた....(怖)

 

謎の男「これ、お届け物でーす。ここにサイン

をお願いしまーす」

 

 

...なんだ宅急便か。

 

そう、この流れ的にもう皆さんお分かりだろ

う。

 

段ボール箱の中にお城が入って送られて....

 

くるわけもなく、普通に頼んだスニーカーが入

っていた。

 

とりあえず頼んだスニーカーを家の中で履いて

みた。

よし、サイズはピッタシだ。

 

なんてのはどうでもよくて、重要なのはこの宅

配された段ボールである。

 

恐らく皆さん段ボールの処理にはいつも悩まさ

れていることだろう。

僕もいつも困っているのだ。何かに使えそうな

気もするのに、何にも使えない...

 

最近は鍋の下に敷いてあるくらいだ。

 

そしてこんなお困りの段ボール。

何かに再利用できないか...

 

すると

 

"あっ💡これでお城作ればいいのか!"

っと、ここにみなさんもたどり着くだろう。

 

そう、この段ボールでお城を作るのである。

 

よし、ではさっそくお城を作っていこう。

しかしお城といってもいろんなパターンがあ

る。

 

❶ 横に長いパターン

❷ 縦に長いパターン

❸ ちょうどなパターン

....

そんなに色々はなかった。

 

そして今回僕が作ろうと思ったのは

❶のパターン

である。

 

なぜか?

 

そんなのこっちが知りたい。

 

よし、てなわけで作っていこう!

 

工程1 :なんかよくわからんがとりあえず切ってみる。

 f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170206222233j:image

 

工程2 :城といえば土台だな。砂の上に立てた城はすぐに滅びるって言うしな。

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170206222213j:image

(城の石みたいなのが敷き詰められてるところ

は紙を細かくちぎってシャープペンシルで薄く

または濃く塗る紙を分けてバラバラに貼ってお

城の石感を出してます。)

 

工程3 :あんなことやこんなことをして城が完成

します。

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170206222701j:image

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170206222709j:image

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170206222727j:image

 

結構な大きさだな....

 

これを持って女性のところまで行くのか、なか

なかピザの宅配のプロでも落としそうだな...

 

ついに完成してしまった。

さて、これをホワイトデーまで温めに温める。

 

しかし、思った以上に大きい...

テレビとの比較画像でもお分かりいただけるで

あろう。

 

こんな立派なお城はなかなかない、かの有名な "大阪嬢"     .....

 

それただの大阪のキャバクラのお姉さんやない

かい!!

 

なんて小学生レベルのツッコミは無視して、大

阪城と比較していただいても引けを取らないぐ

らいの仕上がりである。

 

そうだな、もし名付けるとしたら

小田原城のようなリズムのいい名前がいいな。

 

 

オダギリ城!!!

 

 

すみませんすみません....

 

てなわけで、

バレンタインデーにチョコを貰ったけど、ホワ

イトデーで何返せばいいかわからない

 

なんて男性は是非お城を作って返してみてはど

うでしょうか。

 

では今日のところは

 

オサラバ!!!