今日の「〜してみた」
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリフリ地鶏のブログ

基本的に変です

人生初の風俗店に行ってみたら、まさかの出来事が...!?

はい、どうも〜👏

"自撮り大好き・パシャパシャフリフリの地鶏で

ぇす😊

 

さて、気がつくともう僕がブログを始めてから

1週間ほども経っているんですねぇ🤔

 

アクセス数の方は相変わらずですが...

 

そうですね、ここ1週間のアクセス数をグラフ

化すると (青線)

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170131213413j:image

 

のようになりますね。

 

指で表すと

👉👉👆👆🤘🖖👎👎👎👏👏👋🏿

 

 という感じですね。

 

絵文字で表すと

😐😐🙂😄😝😎😶😒😞😷👹💩

 

ですかね。

 

さて、こんな壊れかけのスプラッシュマウンテ

ンのレールのようなグラフは無視して、本題に

入りましょう。

 

人生初の風俗店でのまさかの出来事

というタイトルですね。

 

「ちょwwおまwwそんなニワトコの杖みたいな

細さのチンスコウでよく行けたもんだなww」

 

とみなさん笑っていることでしょう、でも考え

てみて下さい。

 

ニワトコの杖は凸凹が激しいため、女性側は絶

対によろこんでくれる!!!

 

....

😐

 

まあそうです...

わかりやすく言うと、お股にセロハンテープで

ニワトコの杖をくっ付けたストームトルーパー

が風俗店に入っていったんだと思って下さい。

 

ニワトコの杖のせいでだいぶ話がややこしくな

りましたが、最初から一部始終の状況を、会話

と説明文で紹介していきます。

 

まず、この話自体が僕が20歳の時、つまり3年

前の話になります。

20といえば、色々なことが法律的にできるよう

になる歳ですね。

 

そして、この時ぼくは前日に成人式を迎えたば

かりでした。

 

まあそうですよね、成人式の次の日の新成人は

大抵"風俗・キャバクラ・ガールズバー"に行き

ますよね。

 

映画で主人公になるほどのVIP男子でも、

女の子と身体が入れ替わったら泣くほど喜びな

がらおっぱいを揉むんです。

 つまり全世界の男子はエロで構成されてるとい

うわけですね。

 

にも関わらず、成人式を迎えてまず向かうとこ

ろが上の3つ以外の場所という人はおそらく

"穢土転生体" か "チャクラ不足" のどちらかだと

思います。

"死神代行" の人も上の3つには行きませんね。

(←ジャンプ大好きだな。ちなみに知念くん推し

です。)

 

..........。。

 

そんなこんなで、[ フーゾーーク ] に行きたくな

ったぼくは、友達と約束をして、共にワンピー

ス(1つのグリンピース「・」を探す旅  ← すみ

ませんすみませんすみません)

に出ました。

 

すると、船長が急にこんなことを言いだしまし

た。

船長(友達)「なぁ、夜行ったら確かに雰囲気あ

るかもやけど、昼間の方が断然安いやんなぁ。

昼間に行って安くなった分を人気の可愛い姉ち

ゃんに費やそうぜ。」

 

ゴーイングメリー号(僕)「なるほど、お前は天

才だな。そうと決まればとりあえずコンビニで

ファブリーズ買ってこないとな。」

 

船長「なんでファブリーズやん、普通ブレスケアやろ。」

 

メリー号「いや、吐息ケアする前にニワトコの

杖の匂いケアしたいなと思って。」

 

船長「腫れて楽しみがなくなるぞ。」

 

メリー号「腫れ上がったニワトコの杖の方がジ

ャストミートだろ。でもまあブレスケアにしと

くか。」

 

という長いやり取りが終わり、いざ出航。

まず、グランドラインに入らなければ何も始ま

らない。とりあえずリバースマウンテンを抜け

よう(店の扉を開けよう)。

 

ちょっと見づらいので普通に書きます(笑)

 

店の中に入ると、ボディーガードのような黒ス

ーツの怖い人が扉近くに立ってました。

怖かったので、笑顔で「こんにちは」とだけ言

い、カウンターのスタッフのとこまで急ぎまし

た。

 

そして、カウンターのスタッフから

No.1〜10までの番号と、それぞれの数字ごとに

女の子の顔写真が載ったメニュー表みたいなも

のを見せられました。

そして、一通り10人の顔写真を見た結果、

No.7の子がものすごく美人だったのです。

 

でもさすがにこんだけ美人だから、予定的に空いてないとか、料金がアップしたりとかするんだろうなぁ...

と思っていたのですが、ラッキーなことに特に

何のプラス料金もなく、普通に選べました。

そして、前室の椅子で呼ばれるまで待てと

のこと。

 

もう嬉しさと興奮で、僕は 前前前室 で落ちつ

いて座ってられませんでした。

そして、ドキドキしながら前室の椅子で全裸待

機していると (←嘘です、着膨れするほど普通

に服着てます。)

 

スタッフ「No.7番ご指名の方、こちらへどうぞ」

 

(ヤバい!心の準備が!!ヤベェ!女の人とウッ

フンアッハンなんて人生初だから何すればいい

のかわからない!!)

 

もう呼ばれただけなのに心臓が飛び出そうで

す。

そして、調査兵団のポーズをとりながらなんと

か心臓を入れ直した僕は

 

僕「はい。僕です。」

 

...なんだこの自白してる犯人のような気持ち

は...

 

スタッフ「こちらへ。それでは、お口を開けて

ください。」

 

(まてまてまて、お前手に睡眠スプレーみたいな

の持ってるやん!!それで眠らせて、

起きたらそっち系の撮影現場でした...

とかいうパターンかおい!!

そうはさせん、その前に貴様を "無限ツクヨ

ミ" にかけ#"%€2$¥$〒....)

 

普通にブレスケアでした。。

 

そして、スタッフに口の中をミントの匂いでい

っぱいにしてもらってから、エレベーターの前

まで連れていかれました。

 

エレベーター「チン!! 1階でございます」

 

なるほど、風俗ともなるとエレベーターですら

下ネタを言うのか...

 

などとしょうもないことを思っていると、

エレベーターの中から風俗嬢が...

 

風俗嬢「お待たせ〜💕じゃあ行こっか💕」

 

スタッフ「ごゆっくりどうぞ」

 

エレベーター「上にまいります、ドアが閉まり

ます。」

 

そして、エレベーター内は風俗嬢と僕の2人き

り...

 

(やばい、密室だ...なんとかして犯人の証拠を残

さないと😩)

なんてこんな状況で考えるのは "ねぇねぇ、蘭

ねぇちゃん!!" ぐらいのもの。

 

黒ずくめの男たちに気を取られていて背後から

近づいてくる黒ずくめの仲間のうちの1人に殴

られて気を失った高校生探偵ではない僕は、

そんなことを考えるわけもなく、ただただ普通

に何を話せばいいのか困っていました。

 

すると、突然風俗嬢の顔がアップに!!

 

なんと、エレベーター内で襲ってきました。

(男ならものすごく興奮するパターンです)

そしてされるがままの僕。

 

すると、誰かが急に喋り始めました。

 

 

エレベーター「チン!! 3階でございます。」

(なんだエレベーターか。)

...

......

........。。

 

風俗嬢「じゃあここで オ・ア・ズ・ケ、続きは

お部屋でね💕」

 

一瞬、 オ・ア・ズ・ケ....オアズケ🙏🏻

を期待しましたが、まあそんなことがあるはず

がない。

 

そして、部屋に入りました。

 

エレベーターに乗る前からずっと緊張とドキド

キでアドレナリンが 1582 ( ※本能寺ホテルでは

ありません) 馬力くらいでていた僕は、部屋に

入って落ち着くまで風俗嬢の顔がほとんど見れ

ていませんでした。

 

クソ、もったいないことをした。あんなに美人

を選んだのに、最初から下を向いたままだった

せいで顔を拝むのを忘れてたぜ...おれとしたこ

とが...

まあいい、もう部屋の中だしだいぶ落ち着いて

きたからじっくりとお顔を拝見してやろうでは

ないか😎

 

よし、どれどれっと...

 

......

...........?

?????

 

あれ、指名したはずの子がいない。

帰っちゃったのかな?

おかしいな、でも "選んでくれてありがとう" と

か言っている。

 

この女は誰だろう、何を言っているんだろう。

君はギャル曽根だろう?

 

あ!!なるほど、ソーセージ()の大食い大会で

ギャル曽根が来てたから代わってもらったの

か!!

 

さすが僕、状況を理解する速さがファルコンキ

ック並みです。

 

。。。。

 

そんなわけもなく、もちろんそのギャル曽根

たいな子が僕の指名した超絶美人の正体でし

た。

 

ギャル曽根「今日はこんな早い時間からありが

とねぇ〜💕しかも若〜い、ラッキー💕

でもなんでわたしを選んでくれたのぉ?」

 

(うるせぇ何言ってんだ、大食い大会はもうスタ

ートしてんだぞ喋るな。)

 

僕「あ、めっちゃタイプだったっす😚」

 

ギャル曽根「ありがとぅ〜💕じゃあ脱いじゃお

っかな!😘」

 

(まあ、もしかしたらものすごくスタイル抜群な

のかもな)

 

----------------ギャル曽根の脱衣完了------------------

 

ギャル曽根「脱いじゃった💓」

 

 

 

!?!?!?!?!?!?!

 

(あれ、このギャル曽根どこまで食欲旺盛なん

だ...胸に甘食の菓子パンを2つもくっつけて持ち

歩いてるとは!!)

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170131232238j:image

 

おや?なんだか甘食の様子がおかしいぞ?

 

トゥルトゥトゥン🎶トゥントゥントゥントゥントゥントゥントゥントゥ〜....

テーンテーンテーン🎶テテテテッテテーン🎶

 

甘食は、AAおっぱいに変身をした。

アダ名をつけますか?

 

→はい

    いいえ

 

フリフリ地鶏は、AAおっぱいに

「甘ショック」

と名付けた。

 

すると、甘ショックが

 

甘ショック「ねぇ、ち🙆‍♂️び も舐めて〜💕」

と。

 

しかし甘食に ち🙆‍♂️び はない。

せいぜい付いててチョコチップくらいのものだ

ろう。

 

しかし、こんなに、バカにしているような文章

を書いてる僕は、萎びたニワトコの杖レベルな

ので、チョコチップがものすごく高価なものに

見える。

 

そして、チョコチップによって萎びたニワトコ

の杖が不死鳥の尾羽に進化したところで、僕は

大満足をしてしまった。

 

 その後は大人の世界なので割愛します😌

 

今回の体験は、写真 ≠ 実物だったものの、普通

に最後は好きになってしまうくらいに満足をし

てしまったというまさか出来事であった。

まさかの部分は、ギャル曽根プラス甘食のダブ

ルコンボ部分である。

 

以上、人生初の風俗でのまさか体験談でした。