今日の「〜してみた」
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリフリ地鶏のブログ

基本的に変です

アイドルとの握手会にて..

さて、7記事目にして早くもネタが尽きてきた

フリフリ地鶏のブログでございますが、今日は

なんの話かというと。。。

 

"アイドルとの握手会" での出来事です!!

 

これだけ女の子が大好きな僕なので、皆さんも

 

「あいつはハマると思ってました☹️」

 

と言う事でしょう!!

 

しかしね皆さん。アイドルは最高ですよ。

アイドルは僕たちに夢と希望と金欠を与えてく

れます。(←金欠かい!!.........今日1の笑いどころ。)

 

アイドルにハマり始めの頃は、おそらくほとん

どのヲタは"握手会に参加してなんとしてでも近

距離で美少女を見てみたい!!"

という気持ちが強いと思うのですが、アイドル

ファン玄人になってくると、ライブが楽しくて

楽しくて仕方ないんです☺️☺️

 

もう、光る棒を振り回しながら叫びに叫びます。

「僕らの心に◯◯ちゃ〜ん!!!!」

などのように。。。

 

酷くなると、家の中で1人でライブ動画を見な

がら叫び出します。

 

僕「ウリャオイ!!ウリャオイ!!ちょーぜつ

かわいい!!!◯◯ちゃぁぁぁんん!!!!」

 

隣人の壁ドン「ババンバンババン👊👊」

 

という風に近所の方にも嫌われてしまいます。

 

......というくらいのアイドルヲタクでした。

 

そして今日は僕がアイドルにハマったばかり

の、ものすごく初々しい時期にアイドルとの握

手会に参加した時の話です。

 

ちなみに何のグループなのかというと。

登り坂シリーズの "の◯ざか46" にハマってまし

た、もう3年前になるんですけども...

 

そう、今でこそ有名な国民的アイドルなんです

が、3年前はそんなに注目してる人もいなかっ

たような状況。

 

握手会に関しても、会場内をスムーズに回れ、

1人のアイドルとの握手時間もものすごく長い

という時代です。

 

そんな恵まれた状況の中で、当時アイドルヲタ

ク初心者だった僕は、ミーハーだったため、当

時人気ナンバーワンだったメンバーの握手列に

並びました。(全国握手会という、1000円のチ

ケット1枚で好きなメンバー2人と握手ができる

という感じです。そして僕はそのチケットを1

枚だけ持っていました。)

 

当時人気ナンバーワンのメンバーとは、の◯ざ

かファンなら確実にわかる「4次元ポケットか

ら来たマヨラー星人」の "ま◯やん" こと "し◯

いしまい" です。

 

そして、"し◯いしまい" とセットになっていた

もう1人の "ひ◯ちま" こと "ひ◯ちひな" とも握

手ができるというなんともお得な握手会です。

 

そして、この人たちと握手をすると心に決めた

僕は、この2人と握手ができるレーンに並びま

した。

この当時は、ここの列が1番人気だったため

結構長い列が出来てました(およそ50人ほど並

んでた)

 

そしてしばらくすると、長い列も徐々に減って

きてついにあと3人目で僕の番が...

この時僕は、話す内容を決めてました。

何を話そうと思ってたかというと...

 

ひ◯ちまバージョン

「ひ◯ちま!!はじめまして!今回初めて握手

するけど、毎回番組とか見て元気もらってる

よ!!応援してるよ、頑張って!!」

 

ま◯やんバージョン「マヨラー星人で有名なま

◯やんはプリンとかにもマヨネーズかけたりす

るの???」

 

という質問をしようと思ってました。 (←すんごいしょうもない質問だな)

 

そして、もう準備万端だった僕があと2人目に... 

 

ここで、スタッフの方による荷物検査&荷物の

お預かりがきます。

 

そして、あと2人目で自分の番ということもあ

り、アイドルとの距離が大変近くて姿がもう、

すぐそこに見えているわけですね。

 

ここで、今までの人生で味わったことのない緊

張感に包まれました。

中学受験よりも、センター試験よりも、難関大

の入試よりも、お母ちゃんにエロビデオがバレ

た時よりもはるかに緊張してました。

 

すると、"人間極度に緊張をすると頭の中が真っ白になる" という都市伝説は本当なんですねぇ..

頭の中が真っ白になったわけですよ。

 

レッドのカビゴンに手持ちのポケモン全部消さ

れた時のサトシと同じ状況ですよ。(←😩)

 

もちろん真っ白になったので、先ほどまで考え

ていた質問も吹っ飛んでます。

 

そしてこの吹っ飛んだ状態のまま僕の出番に。。。

 

まず最初はひ◯ちま

ひ「わぁ〜💕きてくれてありがとぉ〜!💕

あれ〜?見たことない顔だなぁ😘もしかして今

日が初めてなのぉ〜?😡💕」

 

僕「あ....あは、あの。は、は.....

はじめてです!!!!

 

.....

完全にやらかしました。

会話のキャッチボールがまるで成り立っていな

い。

飛んできたボールを間違えて打ち返しちゃいま

した。

 

そして、僕が受け答えるまでにだいぶ時間をつかってしまったため、ここでスタッフによる引き剝がしが...

 

くっそ!次こそはうまく話してやる!!

そして次は "ま◯やん" と握手しながら会話をす

る番です。

 

この直前に、ジョコビッチに7-5で負けてしま

った錦織と同じくらいの悔しい思いをしている

僕は (嘘ですすみません錦織さん、すみません日本の方達...)

なんとかして次で挽回してやろうと必死でし

た。

 

そしてこれは世の中の条理ですね

焦って挽回をしようとするとかえって痛い目

を見る

はい、皆さんも復唱してみましょう....

 

そう、僕は焦ってたんです。

 

そしてとうとうま◯やんと握手の番が来ました。

 

ま「わぁ!来てくれてありがとうね!🤗😘」

 

僕「.......😐」

 

ま「あれ〜?💕もしかして緊張してるぅ?」

 

僕「...................😐」

 

ま「あ、そうだよね、まあ緊張するよね、私もしてるもん💦💦」

 

僕「........................................😐」

 

ま「......😟」

 

僕「は....は!!!!!はっはっは!!!

 

はじめてです!!」

 

ま「?!?!」

 

ここでスタッフの方に引き剥がされました。

引き剥がされている途中でこんな声が聞こえま

した。

 

ま「あぁぁ...😨じゃ!じゃあねぇ〜😨

また来てね!!😨」

 

 

 

はい。完全に困らせてしまいました。

握手会でヲタの対応に慣れているはずのアイド

ルを困らせて気を遣わせてしまった。

 

なるほど、僕はヲタの中でも群を抜いてヤバい

らしい...

 

ここで先ほどの僕の自信ありげな上から目線の

文章を見てみましょう。

                              ↓↓↓↓

 

 

アイドルファン玄人になってくると、ライブが

楽しくて楽しくて仕方ないんです☺️☺️

 

 

実に惨めですね。

そう、実は僕は握手会が怖くて逃げた結果、ア

イドルと距離を作ることができるライブが好き

になったのです、、、

 

見事な負けっぷりですねぇ。

 

調子に乗っていたグリーバス将軍がオビワン・

ケノービにボロクソにやられた時を思い出しま

すねえ。

 

そして、この握手会があった日の帰りの電車

で、僕は手を嗅ぎまわってました。

 

 

はい!今日は僕の変人変態ぶりがわかったとこ

ろで終わりです!

 

中身も何もないような内容 (だれがダジャレや

ねん)     (............。)

なのですが、今日のところはこれにて

オサラバ!!