今日の「〜してみた」
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリフリ地鶏のブログ

基本的に変です

"顔" と "ビキニ" と "おっぱい" と。 アネゴ居留守

顔がどんなに広くても、男はちっとも釣れない

が、釣れるビキニは顔のやうに

世間を広くは生きれない

 

顔を上下に揺すっても

オトコはなにも出ないけど

あの揺れるおっぱいは顔のように

たくさんな量は出せないよ

 

アネゴ居留守

 

.......

..........。

 

片腹痛いわ👮👮🏿👮

 

はい、ということで、前半からアホみたいなこ

とをブッコミまくったフリフリじど.....

 

アネゴみすずなのですが、

 

あ、ちゃうわ、間違えた。

 

アネゴ居留守なのですが、

 

今日は "顔" と "ビキニ" と "おっぱい"

についての相関関係について考えていきたいと

思います!!! イエェェイ💁🤘🤘🖕👁

(←だんだんゲスな内容になってきている)

 

さあ、ということで。

まず ビキニ とはなにか.....

 

 

だれが バギNA やねん

 

.....わお、アメーリカン。

 

.....。

 

ビキニとはこれです。

↓↓↓

 

👙👙(写真期待した人すみま千年亀は頭)

 

ビキニ??

 

うん、ビキニ

 

あれ?

あれれ?

 

あれれぇ〜? (うるせぇ高校生探偵はすっこんでろ)

 

ところで皆さん、上のビキニの絵文字....

 

ずっと見てるとだんだん顔に見えてきませんか?

 

【目・目・口....】

 

なんということだ、、この世に生を授かってわ

ずか23年で人類の真理に気づいてしまった。。

 

邪馬台国のヒ◯コ (←下ネタに見えるからむや

みに◯を付けるな) ですらこの真理にはおそら

く気づいていなかったであろう。

そう、ワタクシが人類の先陣を切ったのだ。

 

ビキニが顔に見える...」

 

そして僕はあることに気づいた。

それは、「おっぱい = 顔」

という法則が成り立ってしまうということだ。

 

人間は、相手をちゃんと認識しようとする時、

まず最初に顔を見る習性がある。

("地球上のどっかの偉い人の誰かが今までに多分言ったことがあるだろう" 引用)

 

ということは、この法則通りだとすると、僕た

ち人間は (あ、男だけか) 、 まず最初におっぱ

いを見てから相手が自分にとって有益かどうか

を判断するということである。

 

「いやいやいや、俺は違うぞ」

という人のために、この法則の正しさ・汎用性

を証明していこう。

 

この法則の正しさを証明するために

"遊学的帰納法" (←なんだその中国で放送されてる日本のパチモンアニメみたいなものは)

を使ってみるか...

 

【証】

「海でビキニ👙のお姉さんが1人でいるとき、

男はまずおっぱいを見てからアリナシを決め

る。」

が成り立つとき、

"海でビキニ👙のお姉さんがn人 (n=1,2,3.....∞)

でいるとき、おとこはまずおっぱいを見てから

アリナシを決める。"

が成り立つと仮定すると、

【海でビキニ👙のお姉さんがn+1人でいると

き、おとこはまずおっぱいを見てからアリナシ

を決める】

も成り立つ。

なぜなら、

「正直1人でもビキニのお姉さんのお

っぱいを見れたらもはや1人増えようが減ろう

がどうでもいいし、なんならその1人もおっぱ

いにしか見えなくなる」

からだ。

 

よって、n+1の時も成り立つため、全てのお姉

さんについて

「海でビキニのお姉さんがいるとき、とりあえ

ずおっぱいを見てから善悪を決める」

が成り立つ。

【終】

 

.....。

..........。

 

完璧な証明をしてしまった....

遊学的帰納法が成り立ってしまったから、だれ

がどう見ても、もうこの法則は正しいとしか言

えなくなる...

 

しかしこのままでは僕の命が危ない、全国の女

性諸君にムチウチされてしまう可能性がある

(ご褒美😂)

 

そこで、僕は解決策を思いついた。

 

それは

「顔をじっくり見せてもらった上で、おっぱい

を眺める!」

 

である。

 

......

 

ん??

 

いや、、"顔 = おっぱい" だからなんの解決にも

なっていない。

(←いや、問題はそこじゃない)

 

そうか!心を見ればいいんだ!

 

しかし、女性は心の上に "戦闘力55万"

の "嘘偽り" を抱えている人がいるからこれはな

かなかの難易度だ...

 

難易度だけでいうと、少なくとも

レベル21のコラッタでタケシのイワークを倒す

くらいの難易度だ。

 

あんまムズくないか...

 

とりあえず、"ハリーポッターと秘密の部屋"

ホグワーツに帰るのと同じくらい危険なこと

なのだ。

 

(なぜハリーポッターネタが多いかというと、僕

も30歳になるとホグワーツに行くため、その予

備知識です。)

 

ではどうすればいいのか。

 

そこで僕はだれもが納得する解決策を思いつい

た。

 

皆さん、心とはなんだと思いますか?

 

メディアではよく "心" と言いながら、心臓付近

を指差してます。

 

そして、心臓の漢字には "心" という字が入って

います。

 

これは、心 = 心臓 と捉えても問題なさそうだ。

 

ん?まてよ?心臓のことを瞬時に把握する装置

あったよな...

 

あ、そうそう!

 

「聴診器」だ!

 

ということは....

 

"心" も理解しつつ、おっぱいも理解し、さらに

顔も理解する

⇨つまり、その人全てを理解する

方法とは.....

 

 

顔を見ながらおっぱいに聴診器を当て、その奥

にある心音を聞けばいいのだ!!!!

 

なんとも合理的かつ倫理的な方法だろう!!

ここ1年で1番の解決策を思いついた!!

 

と舞い上がりたいところだが、そろそろ本当に

消されるのでこの辺で切り上げときます。

 

もう毎日何について書くのか自分でもわからな

い今日この頃!!!

 

それでも見てくれている人のために全力でおっ

ぱいを掘り下げます!!

 

じゃなかった!!普通に何かしらをこんな感じ

とかあんな感じとかでああやってそうやって更

新して行くので、もしよろしければまた見てや

ってくださいな😨

 

では、オサラバ!

 

 

 

 

多分みんなも不思議に思う画像について掘り下げてみる

みなさんこんばんは、夜のニャースの時間で

す。

 

......。

 

はい!ということでね、今日も相変わらずこの

時間の更新です!

 

実は僕、今研究の卒業論文という化け物に追わ

れてましてね、なかなかこの時間しか更新でき

ないのですね。 (←ブログ書いてる暇あったら

卒論書け!)

 

しかし、最近ではブログを書くことがストレス

発散と言っても過言じゃないくらいにブログが

好きになってしまいました。

 

ということできゃうも....

.......。

今日も更新していきましょう!

 

さて、今日は何について書くのかというと...

僕がいろんな場所で撮ってきた写真について掘

り下げましょう!!

 

ち....違いますよ!!べ、別にネタ切れじゃねぇ

し😨

 

さて、不思議な写真一覧No. 1の登場です!

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170201220934j:image

 

....。

あれ、なんでこの日本にパーセルタング話せる

人がいるんだろう。

しかも日本の中心と言っても過言じゃないほど

横浜駅に...。

 

しかし不思議だ、こんなに今にも緑の閃光を飛

ばしてきそうなポーズをとっているのにも関ら

ず、人々は目もくれずに笑いながら通り過ぎて

いるではないか。

 

これは大変危険だ、なぜなら、みんな危機から

目を背けて無理して笑って通り過ぎているから

である。

 

"辛い時こそ笑え"

 

たしかに日本では幼少時代からこのような言葉

を寝る前に毎日耳元で囁かれる習慣があるのだ

が (そんな女子卓球日本代表選手のような習慣

はありません)、こんなにも危険で絶望的な状況

でもみんな笑顔なのである。

 

ダメだ....恐怖心を打ち消して無理に笑おうとす

るのは生物としての危機察知能力を無理に抑え

込んでいるのと同じだ。

このままでは日本が危ないと思った僕は、ある

解決策を思いついた。

それは、

 

ヴォルデモート卿の前で片膝つきながら

僕「我が君、私めの血肉をお使いください」

ということで、気を引いて周りに手を出させな

いことです。

 

.......。。。

もちろん友達もいました....。

 

。。。

 

続いてNo. 2です!!!、!!、、、!

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170201224447j:image

 

冷やし人力車....

冷やし人力車って、どこが冷えてるんや?

金具部分か?

しかしそれでは持ち手が冷たすぎて人力車を引

けず、態度まで冷たくなってしまう。

 

しかしそんな見事な自爆は、芸術は爆発だと思

っている黒いマントを着た忍者以外には見たこ

とがない。

 

これは違うだろう。

じゃあどこが冷えているんだ?

まさか、畳の座布団みたいなやつか!?!?

でもまてよ?もしそうだったとしたら、もし藤

原竜也軍団がお客様だった場合に、

軍団一人一人が転びながら座布団に顔を擦り付けて、

"ァァァアァァァァ!!

人力車の座布団がキンッキンに冷えてやがるよ

おぉぉぉ....」

 

と言い出して収集がつかなくなり、仕事になら

なくなる。そんな欠点だらけの商売をするわけ

がない...

 

では何が正解なのか。。

 

そして正解がわからない僕は、自分で考察をし

てみた。

 

そして1つの結論に行き着いた。

それは、冷(たい)ヤシ(の実)をくれる人力車なので

はないだろうか。

 

.......。。。

お腹いた。

 

さぁつまらない結論は無視して次に行こう。

次がNo. 3である。

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170201225903j:image

おいおいおい!!どうゆうことだ...

なぜ俺たちがこんなところに、しかもおれら同

士で醜い争いをしているのを、観客がたのしみ

ながら見て、そしてその中でお気に入りを選ん

で金と交換でお持ち帰って自分の所持品とする

のである!!

 

これは闘技場か?コロッセオか?

くそぅ...金持ちどもめ、、

悪趣味してやがるぜ....まさか

さくらんぼ(どう◯い) vs チェリー(素人どう◯

い)の醜い戦いを見て楽しんでいるとは...

 

くそ。。

この  "スーパー"  とかいう場所はなんてひどい

ことをしやがる...

 

しかも地味にチェリーの方が売れているだ

と!?!?

 

やはり、風俗を使ったとはいえ経験値が少しで

も上のやつを選んでいくのか、、、

 

おれならそんなことはしない!!もしはぐれメ

タルとホイミスライムがいたら間違いなくホイ

ミスライムをとる!!!

 

やはり日本市場は過酷だな....

 

あ、水曜のダウンタウンおもしれぇ。、

 

続いての不思議画像である

画像No. 4

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170201231024j:image

 

 これは箱根湯本にいた、使徒と戦っているはず

のオナゴである。

このオナゴ、普段はピッチピチのムッチムチの

ボンキュッボンな服を着ているくせに、なぜか

この時だけ浴衣を着ているのである。

そして、「壊れやすいので

と書いてある。

 

実に気になる!!!!!

壊れやすいので.....なんなのだ!!!

壊れやすいのでハグしてくださいか??

壊れやすいのでいじくりまわさないでください

なのか??

もう気になって気になって日立のCMの、世界

の不思議を見つけていく番組のドデカイ木にな

りそうだ。

 

おそらく、このアニメの

 

純粋さ←ーーーーーーーーーーーⅠーー→エロさ

 

のパラメーターを考えると、

「壊れやすいので、後ろから腰を中心に単振動

したり、浴衣の中に手を入れて🤘したりしない

でください」

 

と言いたいのだろう。

 

......。

 

(良い子はすぐにこのページをブロックしてNHKを見ましょう.....)

 

そして、そのように解釈してしまった僕は、も

う自分を抑えようにも、抑えきれず

(ホロウ化する黒崎一護の気持ちがわかった)

(←やかましい。)

 

軽くハグをしてみました!!!!

すると

 

店員さん「ふふふっ☺️可愛いですよねこれ💕

でもあまり負荷をかけないようにお願いします

ね💜」

と...。

 

なんとも恥ずかしい。

大人になってなお注意を受けてしまった "わー

たしさくらんぼ" である。

 

なんとも不思議だ!!!!(もう雑)

 

そして次が最後の1枚である。

写真No.5

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170201230852j:image

 

これは鎌倉で撮った画像である。

カマクラではない、鎌倉だ。

鎌倉といえば、緑豊かな、風情のある観光地で

ある。

 

鶴岡八幡宮で有名であり、そこから歩いて25分

ほどの竹林庭園も大変人気の場所で、観光・デ

ートスポットとしても人気上昇中ある。

 

しかし僕は思った。

 

なんでこんなところに "ち◯こ" が....

 

 

だれが ち◯こ やねん!!!!!!!!

 

.........。

 

すみませんすみませんすみません...。。。。

 

お詫びに

キンッキンに冷えた悪魔的なビール🍻を載せま

すので許してください.......

 

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170201233256j:image

 

もはやギンッギン!!!

 

......。。。 (笑顔大切!!)

 

ちょっと今日は見事なくらいにひどい記事でし

たが、また次から  〜を代わりにやってみた系

を紹介していきます(笑)

 

もしよろしければ、なにか代行でやってほしい

みたいなことがあればコメントをくだされば出

来るだけやってみて、感想を載せていきたいと

思いますので、もし何かアイデアがありました

らよろしくお願いします(笑)

 

 

では、オサラバ!!!

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170201233559j:image

 

 😒😒😒👋

 

 

 

 

人生初の風俗店に行ってみたら、まさかの出来事が...!?

はい、どうも〜👏

"自撮り大好き・パシャパシャフリフリの地鶏で

ぇす😊

 

さて、気がつくともう僕がブログを始めてから

1週間ほども経っているんですねぇ🤔

 

アクセス数の方は相変わらずですが...

 

そうですね、ここ1週間のアクセス数をグラフ

化すると (青線)

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170131213413j:image

 

のようになりますね。

 

指で表すと

👉👉👆👆🤘🖖👎👎👎👏👏👋🏿

 

 という感じですね。

 

絵文字で表すと

😐😐🙂😄😝😎😶😒😞😷👹💩

 

ですかね。

 

さて、こんな壊れかけのスプラッシュマウンテ

ンのレールのようなグラフは無視して、本題に

入りましょう。

 

人生初の風俗店でのまさかの出来事

というタイトルですね。

 

「ちょwwおまwwそんなニワトコの杖みたいな

細さのチンスコウでよく行けたもんだなww」

 

とみなさん笑っていることでしょう、でも考え

てみて下さい。

 

ニワトコの杖は凸凹が激しいため、女性側は絶

対によろこんでくれる!!!

 

....

😐

 

まあそうです...

わかりやすく言うと、お股にセロハンテープで

ニワトコの杖をくっ付けたストームトルーパー

が風俗店に入っていったんだと思って下さい。

 

ニワトコの杖のせいでだいぶ話がややこしくな

りましたが、最初から一部始終の状況を、会話

と説明文で紹介していきます。

 

まず、この話自体が僕が20歳の時、つまり3年

前の話になります。

20といえば、色々なことが法律的にできるよう

になる歳ですね。

 

そして、この時ぼくは前日に成人式を迎えたば

かりでした。

 

まあそうですよね、成人式の次の日の新成人は

大抵"風俗・キャバクラ・ガールズバー"に行き

ますよね。

 

映画で主人公になるほどのVIP男子でも、

女の子と身体が入れ替わったら泣くほど喜びな

がらおっぱいを揉むんです。

 つまり全世界の男子はエロで構成されてるとい

うわけですね。

 

にも関わらず、成人式を迎えてまず向かうとこ

ろが上の3つ以外の場所という人はおそらく

"穢土転生体" か "チャクラ不足" のどちらかだと

思います。

"死神代行" の人も上の3つには行きませんね。

(←ジャンプ大好きだな。ちなみに知念くん推し

です。)

 

..........。。

 

そんなこんなで、[ フーゾーーク ] に行きたくな

ったぼくは、友達と約束をして、共にワンピー

ス(1つのグリンピース「・」を探す旅  ← すみ

ませんすみませんすみません)

に出ました。

 

すると、船長が急にこんなことを言いだしまし

た。

船長(友達)「なぁ、夜行ったら確かに雰囲気あ

るかもやけど、昼間の方が断然安いやんなぁ。

昼間に行って安くなった分を人気の可愛い姉ち

ゃんに費やそうぜ。」

 

ゴーイングメリー号(僕)「なるほど、お前は天

才だな。そうと決まればとりあえずコンビニで

ファブリーズ買ってこないとな。」

 

船長「なんでファブリーズやん、普通ブレスケアやろ。」

 

メリー号「いや、吐息ケアする前にニワトコの

杖の匂いケアしたいなと思って。」

 

船長「腫れて楽しみがなくなるぞ。」

 

メリー号「腫れ上がったニワトコの杖の方がジ

ャストミートだろ。でもまあブレスケアにしと

くか。」

 

という長いやり取りが終わり、いざ出航。

まず、グランドラインに入らなければ何も始ま

らない。とりあえずリバースマウンテンを抜け

よう(店の扉を開けよう)。

 

ちょっと見づらいので普通に書きます(笑)

 

店の中に入ると、ボディーガードのような黒ス

ーツの怖い人が扉近くに立ってました。

怖かったので、笑顔で「こんにちは」とだけ言

い、カウンターのスタッフのとこまで急ぎまし

た。

 

そして、カウンターのスタッフから

No.1〜10までの番号と、それぞれの数字ごとに

女の子の顔写真が載ったメニュー表みたいなも

のを見せられました。

そして、一通り10人の顔写真を見た結果、

No.7の子がものすごく美人だったのです。

 

でもさすがにこんだけ美人だから、予定的に空いてないとか、料金がアップしたりとかするんだろうなぁ...

と思っていたのですが、ラッキーなことに特に

何のプラス料金もなく、普通に選べました。

そして、前室の椅子で呼ばれるまで待てと

のこと。

 

もう嬉しさと興奮で、僕は 前前前室 で落ちつ

いて座ってられませんでした。

そして、ドキドキしながら前室の椅子で全裸待

機していると (←嘘です、着膨れするほど普通

に服着てます。)

 

スタッフ「No.7番ご指名の方、こちらへどうぞ」

 

(ヤバい!心の準備が!!ヤベェ!女の人とウッ

フンアッハンなんて人生初だから何すればいい

のかわからない!!)

 

もう呼ばれただけなのに心臓が飛び出そうで

す。

そして、調査兵団のポーズをとりながらなんと

か心臓を入れ直した僕は

 

僕「はい。僕です。」

 

...なんだこの自白してる犯人のような気持ち

は...

 

スタッフ「こちらへ。それでは、お口を開けて

ください。」

 

(まてまてまて、お前手に睡眠スプレーみたいな

の持ってるやん!!それで眠らせて、

起きたらそっち系の撮影現場でした...

とかいうパターンかおい!!

そうはさせん、その前に貴様を "無限ツクヨ

ミ" にかけ#"%€2$¥$〒....)

 

普通にブレスケアでした。。

 

そして、スタッフに口の中をミントの匂いでい

っぱいにしてもらってから、エレベーターの前

まで連れていかれました。

 

エレベーター「チン!! 1階でございます」

 

なるほど、風俗ともなるとエレベーターですら

下ネタを言うのか...

 

などとしょうもないことを思っていると、

エレベーターの中から風俗嬢が...

 

風俗嬢「お待たせ〜💕じゃあ行こっか💕」

 

スタッフ「ごゆっくりどうぞ」

 

エレベーター「上にまいります、ドアが閉まり

ます。」

 

そして、エレベーター内は風俗嬢と僕の2人き

り...

 

(やばい、密室だ...なんとかして犯人の証拠を残

さないと😩)

なんてこんな状況で考えるのは "ねぇねぇ、蘭

ねぇちゃん!!" ぐらいのもの。

 

黒ずくめの男たちに気を取られていて背後から

近づいてくる黒ずくめの仲間のうちの1人に殴

られて気を失った高校生探偵ではない僕は、

そんなことを考えるわけもなく、ただただ普通

に何を話せばいいのか困っていました。

 

すると、突然風俗嬢の顔がアップに!!

 

なんと、エレベーター内で襲ってきました。

(男ならものすごく興奮するパターンです)

そしてされるがままの僕。

 

すると、誰かが急に喋り始めました。

 

 

エレベーター「チン!! 3階でございます。」

(なんだエレベーターか。)

...

......

........。。

 

風俗嬢「じゃあここで オ・ア・ズ・ケ、続きは

お部屋でね💕」

 

一瞬、 オ・ア・ズ・ケ....オアズケ🙏🏻

を期待しましたが、まあそんなことがあるはず

がない。

 

そして、部屋に入りました。

 

エレベーターに乗る前からずっと緊張とドキド

キでアドレナリンが 1582 ( ※本能寺ホテルでは

ありません) 馬力くらいでていた僕は、部屋に

入って落ち着くまで風俗嬢の顔がほとんど見れ

ていませんでした。

 

クソ、もったいないことをした。あんなに美人

を選んだのに、最初から下を向いたままだった

せいで顔を拝むのを忘れてたぜ...おれとしたこ

とが...

まあいい、もう部屋の中だしだいぶ落ち着いて

きたからじっくりとお顔を拝見してやろうでは

ないか😎

 

よし、どれどれっと...

 

......

...........?

?????

 

あれ、指名したはずの子がいない。

帰っちゃったのかな?

おかしいな、でも "選んでくれてありがとう" と

か言っている。

 

この女は誰だろう、何を言っているんだろう。

君はギャル曽根だろう?

 

あ!!なるほど、ソーセージ()の大食い大会で

ギャル曽根が来てたから代わってもらったの

か!!

 

さすが僕、状況を理解する速さがファルコンキ

ック並みです。

 

。。。。

 

そんなわけもなく、もちろんそのギャル曽根

たいな子が僕の指名した超絶美人の正体でし

た。

 

ギャル曽根「今日はこんな早い時間からありが

とねぇ〜💕しかも若〜い、ラッキー💕

でもなんでわたしを選んでくれたのぉ?」

 

(うるせぇ何言ってんだ、大食い大会はもうスタ

ートしてんだぞ喋るな。)

 

僕「あ、めっちゃタイプだったっす😚」

 

ギャル曽根「ありがとぅ〜💕じゃあ脱いじゃお

っかな!😘」

 

(まあ、もしかしたらものすごくスタイル抜群な

のかもな)

 

----------------ギャル曽根の脱衣完了------------------

 

ギャル曽根「脱いじゃった💓」

 

 

 

!?!?!?!?!?!?!

 

(あれ、このギャル曽根どこまで食欲旺盛なん

だ...胸に甘食の菓子パンを2つもくっつけて持ち

歩いてるとは!!)

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170131232238j:image

 

おや?なんだか甘食の様子がおかしいぞ?

 

トゥルトゥトゥン🎶トゥントゥントゥントゥントゥントゥントゥントゥ〜....

テーンテーンテーン🎶テテテテッテテーン🎶

 

甘食は、AAおっぱいに変身をした。

アダ名をつけますか?

 

→はい

    いいえ

 

フリフリ地鶏は、AAおっぱいに

「甘ショック」

と名付けた。

 

すると、甘ショックが

 

甘ショック「ねぇ、ち🙆‍♂️び も舐めて〜💕」

と。

 

しかし甘食に ち🙆‍♂️び はない。

せいぜい付いててチョコチップくらいのものだ

ろう。

 

しかし、こんなに、バカにしているような文章

を書いてる僕は、萎びたニワトコの杖レベルな

ので、チョコチップがものすごく高価なものに

見える。

 

そして、チョコチップによって萎びたニワトコ

の杖が不死鳥の尾羽に進化したところで、僕は

大満足をしてしまった。

 

 その後は大人の世界なので割愛します😌

 

今回の体験は、写真 ≠ 実物だったものの、普通

に最後は好きになってしまうくらいに満足をし

てしまったというまさか出来事であった。

まさかの部分は、ギャル曽根プラス甘食のダブ

ルコンボ部分である。

 

以上、人生初の風俗でのまさか体験談でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドルとの握手会にて..

さて、7記事目にして早くもネタが尽きてきた

フリフリ地鶏のブログでございますが、今日は

なんの話かというと。。。

 

"アイドルとの握手会" での出来事です!!

 

これだけ女の子が大好きな僕なので、皆さんも

 

「あいつはハマると思ってました☹️」

 

と言う事でしょう!!

 

しかしね皆さん。アイドルは最高ですよ。

アイドルは僕たちに夢と希望と金欠を与えてく

れます。(←金欠かい!!.........今日1の笑いどころ。)

 

アイドルにハマり始めの頃は、おそらくほとん

どのヲタは"握手会に参加してなんとしてでも近

距離で美少女を見てみたい!!"

という気持ちが強いと思うのですが、アイドル

ファン玄人になってくると、ライブが楽しくて

楽しくて仕方ないんです☺️☺️

 

もう、光る棒を振り回しながら叫びに叫びます。

「僕らの心に◯◯ちゃ〜ん!!!!」

などのように。。。

 

酷くなると、家の中で1人でライブ動画を見な

がら叫び出します。

 

僕「ウリャオイ!!ウリャオイ!!ちょーぜつ

かわいい!!!◯◯ちゃぁぁぁんん!!!!」

 

隣人の壁ドン「ババンバンババン👊👊」

 

という風に近所の方にも嫌われてしまいます。

 

......というくらいのアイドルヲタクでした。

 

そして今日は僕がアイドルにハマったばかり

の、ものすごく初々しい時期にアイドルとの握

手会に参加した時の話です。

 

ちなみに何のグループなのかというと。

登り坂シリーズの "の◯ざか46" にハマってまし

た、もう3年前になるんですけども...

 

そう、今でこそ有名な国民的アイドルなんです

が、3年前はそんなに注目してる人もいなかっ

たような状況。

 

握手会に関しても、会場内をスムーズに回れ、

1人のアイドルとの握手時間もものすごく長い

という時代です。

 

そんな恵まれた状況の中で、当時アイドルヲタ

ク初心者だった僕は、ミーハーだったため、当

時人気ナンバーワンだったメンバーの握手列に

並びました。(全国握手会という、1000円のチ

ケット1枚で好きなメンバー2人と握手ができる

という感じです。そして僕はそのチケットを1

枚だけ持っていました。)

 

当時人気ナンバーワンのメンバーとは、の◯ざ

かファンなら確実にわかる「4次元ポケットか

ら来たマヨラー星人」の "ま◯やん" こと "し◯

いしまい" です。

 

そして、"し◯いしまい" とセットになっていた

もう1人の "ひ◯ちま" こと "ひ◯ちひな" とも握

手ができるというなんともお得な握手会です。

 

そして、この人たちと握手をすると心に決めた

僕は、この2人と握手ができるレーンに並びま

した。

この当時は、ここの列が1番人気だったため

結構長い列が出来てました(およそ50人ほど並

んでた)

 

そしてしばらくすると、長い列も徐々に減って

きてついにあと3人目で僕の番が...

この時僕は、話す内容を決めてました。

何を話そうと思ってたかというと...

 

ひ◯ちまバージョン

「ひ◯ちま!!はじめまして!今回初めて握手

するけど、毎回番組とか見て元気もらってる

よ!!応援してるよ、頑張って!!」

 

ま◯やんバージョン「マヨラー星人で有名なま

◯やんはプリンとかにもマヨネーズかけたりす

るの???」

 

という質問をしようと思ってました。 (←すんごいしょうもない質問だな)

 

そして、もう準備万端だった僕があと2人目に... 

 

ここで、スタッフの方による荷物検査&荷物の

お預かりがきます。

 

そして、あと2人目で自分の番ということもあ

り、アイドルとの距離が大変近くて姿がもう、

すぐそこに見えているわけですね。

 

ここで、今までの人生で味わったことのない緊

張感に包まれました。

中学受験よりも、センター試験よりも、難関大

の入試よりも、お母ちゃんにエロビデオがバレ

た時よりもはるかに緊張してました。

 

すると、"人間極度に緊張をすると頭の中が真っ白になる" という都市伝説は本当なんですねぇ..

頭の中が真っ白になったわけですよ。

 

レッドのカビゴンに手持ちのポケモン全部消さ

れた時のサトシと同じ状況ですよ。(←😩)

 

もちろん真っ白になったので、先ほどまで考え

ていた質問も吹っ飛んでます。

 

そしてこの吹っ飛んだ状態のまま僕の出番に。。。

 

まず最初はひ◯ちま

ひ「わぁ〜💕きてくれてありがとぉ〜!💕

あれ〜?見たことない顔だなぁ😘もしかして今

日が初めてなのぉ〜?😡💕」

 

僕「あ....あは、あの。は、は.....

はじめてです!!!!

 

.....

完全にやらかしました。

会話のキャッチボールがまるで成り立っていな

い。

飛んできたボールを間違えて打ち返しちゃいま

した。

 

そして、僕が受け答えるまでにだいぶ時間をつかってしまったため、ここでスタッフによる引き剝がしが...

 

くっそ!次こそはうまく話してやる!!

そして次は "ま◯やん" と握手しながら会話をす

る番です。

 

この直前に、ジョコビッチに7-5で負けてしま

った錦織と同じくらいの悔しい思いをしている

僕は (嘘ですすみません錦織さん、すみません日本の方達...)

なんとかして次で挽回してやろうと必死でし

た。

 

そしてこれは世の中の条理ですね

焦って挽回をしようとするとかえって痛い目

を見る

はい、皆さんも復唱してみましょう....

 

そう、僕は焦ってたんです。

 

そしてとうとうま◯やんと握手の番が来ました。

 

ま「わぁ!来てくれてありがとうね!🤗😘」

 

僕「.......😐」

 

ま「あれ〜?💕もしかして緊張してるぅ?」

 

僕「...................😐」

 

ま「あ、そうだよね、まあ緊張するよね、私もしてるもん💦💦」

 

僕「........................................😐」

 

ま「......😟」

 

僕「は....は!!!!!はっはっは!!!

 

はじめてです!!」

 

ま「?!?!」

 

ここでスタッフの方に引き剥がされました。

引き剥がされている途中でこんな声が聞こえま

した。

 

ま「あぁぁ...😨じゃ!じゃあねぇ〜😨

また来てね!!😨」

 

 

 

はい。完全に困らせてしまいました。

握手会でヲタの対応に慣れているはずのアイド

ルを困らせて気を遣わせてしまった。

 

なるほど、僕はヲタの中でも群を抜いてヤバい

らしい...

 

ここで先ほどの僕の自信ありげな上から目線の

文章を見てみましょう。

                              ↓↓↓↓

 

 

アイドルファン玄人になってくると、ライブが

楽しくて楽しくて仕方ないんです☺️☺️

 

 

実に惨めですね。

そう、実は僕は握手会が怖くて逃げた結果、ア

イドルと距離を作ることができるライブが好き

になったのです、、、

 

見事な負けっぷりですねぇ。

 

調子に乗っていたグリーバス将軍がオビワン・

ケノービにボロクソにやられた時を思い出しま

すねえ。

 

そして、この握手会があった日の帰りの電車

で、僕は手を嗅ぎまわってました。

 

 

はい!今日は僕の変人変態ぶりがわかったとこ

ろで終わりです!

 

中身も何もないような内容 (だれがダジャレや

ねん)     (............。)

なのですが、今日のところはこれにて

オサラバ!!

 

今話題の相席屋はどんな所か行ってみた

さて、これまで僕のブログを読んできていただ

いた方はそろそろお気づきになっているかもし

れませんが、

 

なんとまあ女の子と絡めるような場所に行って

ることが多いこと多いこと...

(どんだけ出会いたいんや、ほんとにお前は勢いよく弾かれたパチンコの球かよ#/♪46¥°€2$?)

 

やっぱり男はみんな女の子と会話したいんです

よね、、

 

しかも僕は理系の大学なため、大学内で女の子

と会話をするという日常はほとんどないんです

よね。

学内の男子の中には "すぐに同大学の数少ない

女の子を片っ端から好きになるというような筋

肉隆々天然パーマ" がいますが...

 

おそらくその大学内に女の子が少ないという現

実の反動でですかね。

 

理系じゃない女の子と絡みたいわけですよ。

 

そんなこんなで僕が行き着いたところが

相席屋 になります!! (流れ雑すぎやん😡)

 

さぁ、変な導入も変なツッコミもまるで無視して本題に入りましょう!!

 

では相席屋とはどんな場所なのか?

ということをこれから書いていきたいんです

が、、、、書いていきたいです!!!✈️

 

まず、僕の行った相席屋は

 

・男性30分 → 1500円   女性 → 無料             

で食べ飲み放題

 

・食べ物はビュッフェ形式、ドリンクはアルコ

ールをセルフで作れるアルコールドリンクバー

&ソフトドリンクバーがあり、スウィーツも多

種類ある

 

・新規の男性グループは、すでに入店している

女性グループ(男性と相席してない)と相席する

 

・基本的に席には男女同数になるように招待し

てくれる

 

・基本的に男性からの女性のタイプの要望は聞

いてもらえない

 

という感じでした。

 

これだけを見ると、男性にとってメリットなん

て何1つねえじゃねーかよ。

 

と思いますよね。僕も思ってました。

なんなら今でも少し思ってます(笑)

 

しかし、相席屋は相席屋でメリットがあります。

それは、決められた時間 (僕が行った時は30分

だけ滞在しました) は、絶対に女の子と会話ができる

ということです。

しかも、個室のテーブルには男が自分たちのグ

ループしかいないため、その時間だけはライバ

ルもいなく、女の子たちの注目は完全に自分た

ちのみに向きます。

 

ここが他の出会い目的のイベントとは違う所で

すね。

 

僕が前回紹介した

"クラブの学生イベント" や "チャット"では、

他のライバルも多々いる中で自分から話しかけ、その話しかけた短時間で相手から好印象を受けないといけない

というのに比べて、相席屋では確実に女の子た

ちと長時間話せ、ライバルも少ない。

ここが相席屋の良さです。

 

まあ、合コンを自動的にセッティングしてくれ

るお店という感じですね。

 

相席屋のデメリットとしては、出会える女の子

の数が少ないため、好みのタイプに出会える確

率は "クラブ" や "街コン" などと比べるとやは

り少なくなってしまいます。

 

そして、恐らく相席屋に長居すると、男性にと

ってはなかなかの出費になってしまうと思いま

す。

そこで、なるべく少ない出費で女の子とより長

く話していたいならば、最初の1組で仲良くな

って相席屋を出て別の店で2軒目ということで

飲み直しというパターンが多いみたいですね。

 

(どうしても好みの女性とじゃなきゃ飲みたくな

い場合は何組目までかは粘ってみるのもいいか

もしれません。また、店によっては女の子をチ

ェンジしてもらうこともできるそうです。

なかなかな勇気がいりますが...)

 

ちなみに僕の場合は、男性側3人で参加しまし

た。 (何にちなんだのかもはや自分でもわからん)

 

まあということで (←ん?!まあということでとは?!)

ここからが自分自身の体験談ですねぇ (スルー)

                               ↓↓↓

まず、店に入ると店員さんに人数を聞かれま

す。

人数を答えると、相手の女性たちを選ぶため?

に多少待合席で待たされます。

5分ほどすると、店員さんが戻ってきて、席に

案内してくれます。

 

そして僕たちはドキドキワクワクで席に向かうと、、、

 

なんと!すでに女性陣が食事を食べながら座っ

て待っているじゃありませんか!!

 

日本の男女のルールみたいなものに

「男が先に来て女の子を待つ」

 

というものがあるように、

先に僕たちが席について、女の子が遅れて入っ

てくるのだなと思ってた僕たちは、まずここで

テンパりました。

 

最初に僕たちが先に席について、座席の雰囲気

などを確認してから会話の計画を立てようとし

ていたのに、まさかのアドリブ参戦を強要され

たわけですね...

 

これはもうまさに....

ラスボス前のボス扉が、🅰ボタンも押してない

のに近づいただけで勝手に開かれて、そのまま

バトルが始まってしまってセーブができなかっ

たってパターンですね。

(例えが長すぎてほんとにもう鼻にレンコンが

刺さって👎)

 

......。

 

ってな感じでテンパりスタートです。

まず最初に、自己紹介から入りました。

 

すると、なぜか知らないけど女性陣の自己紹介

からスタートしたんですね(笑)

(関西の相席屋だったから女の子も関西のノリな

のが原因か?)

 

そして自己紹介を聞いてると、女性陣はみんな

仕事仲間の同期だと。

さらには、なんと年齢がみなさん29歳だと。

 

僕たちはその自己紹介を聞いた瞬間にとりあえ

ず目が合いました。

不思議と友達達が言いたかったことが手に取る

ようにわかりました。

 

友達の目 (おい29歳て...おれらまだ23なったば

っかやぞ...どないすんねん)

 

って言ってましたねー。いや確実にもう目がそう語ってた。うん。.......

 

そこで、僕たちは一回ビュッフェを取りに行く

と言い、席を外しました。

(ほんとは作戦を立て直す目的ですすみません)

 

【ビュッフェ前にて】

僕「おい、どうするよ6つも上やん。しかも割と本気で結婚相手探してる感じやん...」

 

友達A「いや、まだいける、まだいけるから諦めるな!」

 

友達B「どこに自信持ってるんや、根拠どこやねん(笑)」

 

友達A「よし、今の年齢プラス1しよ、そしたら社会人2年目くらいの歳やろ!」

 

ここからです、僕たちが好き勝手に自己紹介し

始めたのは。

 

とりあえずビュッフェを取り終えて席に戻る僕

たち。

 

僕「いやー、ごめん!さすがにお酒飲むにしてもお腹すいててキツかったからなんか食べたかったんよ!」

 

友達A「そういえばおれらの自己紹介まだやっ

たよね、よし!じゃあお前から順に!」

 

まさかの僕がトップバッターに指名されまし

た。

よくよく考えると、自己紹介する順番を決めて

なかった。

年齢をカサ増しすること以外何も考えてなかっ

た僕は、何を思ったのか...

 

僕「だ..だだ大学で菌を増やして燃やしてま

す!!」

 

女性陣「!?!?」

 

女性A「え?どゆこと?...危ない人なん?」

 

僕「あ、いや、理系で、菌が増えてまして...

燃やしてます」

 

女性陣「え?.....ヘぇ〜」

 

もはや何を紹介してるのかわからなくなってきた...

しかも唯一話し合った年齢を紹介していない!!!

 

それなのに、何かヤバいと感じとった女性陣は

次の人に話をフリ

 

女性陣「君は?君は何してる人なの?」

 

友達B「おれ?おれはまぁ、あれやな...

医学部。医者の卵やねん。」

 

僕と友達Aの顔 (...😶...)

 

そして、実は彼がただの浪人生ママチャリ男ということを知らない女性陣は

 

女性陣「え?!まじ?!医者なるん???

実は私たち看護師やねん!!なに科なん?」

 

もうこの "医者" という一言で女性の目の色がマ

ットブラックからハワイアンブルーに。

 

(しかもあんたたち看護師やったんかい、さっき

なんで職業言わなかったんやおい。)

 

ここから15分くらいはこの友達Bが無双してま

す。どのくらいの無双なのかというと、

まあ軽くマギカラッシュ4連レベルですね

(は?)

 

そして、エッフェル塔くらいのハードルの高さ

になったまま、自己紹介が友達Aに

 

女性陣「あ、そういえば君は何してる人なん?」

 

友達A「おい(笑)あからさまに声のトーン下

がっとるやないか(笑)

おれはまあIT関係や、まだ社会人2年目やねんけ

どな」

 

僕の心の中 (おいおい...お前そんなコミュ力の

バケモンやったか?なんでここにきて急に化け

てるんや)

 

女性陣「なんかそんな気してたわ(笑)あんた

だけやたらチャラそうやもんなぁ(笑)

どうゆうことしてるん??」

 

ここでも話が盛り上がり、寂しくなった僕はと

りあえず濃いめに作っていたジンアップルをグ

イッと。

 

するとなんということでしょう。友達Aと友達B

がまたもやビュッフェを取りに!

 

さすがにこの状況で1人だけ残されるのはお互

いの為にもならないと思った僕は

 

僕「あぁ、おれも行くよ」

 

しかし、悪魔の手が....

 

友達A友達B「お前まできたら男誰もおらんなるやん、これは独り占めできるチャンスやで!」

 

そんなものは求めてない、とりあえず助けてく

れ....そしてそんな大声で言わないでくれ...

この一心でした。二心か..?🤔

すると、

 

女性陣「そうやで!(笑)私たちと話しよーや!!」

 

僕「あ、え...あはい」

 

女性陣「そういえば君の話も聞いてみたかった

んや!友達Bってさっきからあんまり積極的に

会話してこんかったけど、あの子はそんな積極

的なタイプやないん?」

 

(おいどこがおれの話やん、友達Bかい。)

 

僕「あ、まあ高校の時からそんな積極的なタイ

プじゃなかったと思いま#/€$€%..)

 

女性陣「なんでそんなビクビクしてるん(笑)

もっと楽しもうYA〜パリピパリピ🤘🤘

ほら、私たちのお酒もあげるから全部飲みな😈👿😈👿」

 

ここでもう、メンタルが田舎のおばあちゃん家の障子レベルだった僕は、お酒を一気飲みしました。

 

もうあとはのぞみ540系のような加速を見せる僕。

 

徐々にテンションが上がってきました。

 

もはや自分で喋っている言葉が自分で聞き取れ

ないほどの饒舌ぶりに!!!

(多分普通に頭がおかしいだけ。)

 

僕「3<€<2°+=・67〒〆=%0-/%°#!!!」

 

女性陣「wwwwwwwwwwwwwwwwww

なんかよくわからんけど面白いwwwww」

 

僕「でもそれは%€°¥23でこれが%€6〒やん!まふもふ!」

 

女性陣「何この子頭おかしいwwwww」

 

このやり取りを5分ほど続けてました。

 

すると徐々に女性陣からのつめたい対応も徐々

に温暖化してき始め、そこそこ笑いを取れるよ

うに。(笑われてるだけだろうな)

 

そしてそのタイミングで友達A友達Bが帰ってき

ました。

 

友達A友達B「おっ!めっちゃ笑いとっとるや

ん!(笑)」

 

僕「#3+€35÷×2」

(打つのに疲れるわ)

 

店員さん(そろそろお時間なのでご退席の方お願

いしまーす」

 

 

最後の追い上げを見せた僕は、この相席屋を記

事にするくらいなのでもちろんこのあとはその

女の子たちと

 

 

 

なにもありませんでした😐

 

以上、僕の残酷な悪魔のテーゼでした。。。

(もう相席屋行きたくない😢)

 

ではオサラバ

 

 

 

 

 

 

ヒッチハイクで旅をした経験談

今のところ 「1日1記事」 という最初の目標を

しっかり守っているフリフリ地鶏のブログなの

ですが ←(まだ始めて3日だから当たり前だろ)

今日のテーマはこれです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ヒッチハイクで旅をしてみた体験談」

 

いやぁ、毎日毎日記事の方向性変わりすぎだろ

っとね。

僕自身も書きながら自分の右手にツッこんでい

ます。(なわけあるかい)

 

まあまだ初心者ということで、なんとかブログ

内容を搾り出そうとした結果がこれです(笑)

 

さて、今回のヒッチハイク体験談なのですが、

どうしてまた急にヒッチハイクなんかしようと

思ったんだよ😅

 

と思われると思いますが、この当時僕は大学4

年生でしてね  (まだ4年生だが...)

 

まあ大学4年生にもなるとみんな思うわけです

よ。

 

「なんか、大学生にしか出来ないようなことやって思い出を作りたいなぁ...」

 

と...

 

そこで、何を思ったのか、大学生にしか出来な

いことってヒッチハイクじゃね?

ってなったわけです (どんなんや...もはやツッ

コミの仕方がわからなくなってきた)

 

そうと決まればもう行動開始 (^^)

 

と行きたかったのですが、ヒッチハイクってど

うやってやるんだ...

 

映画で予習したことによるととりあえず右手の

親指を立てればいいんだっけな...→👍

下がるんだっけな...?👎 (※ こんな事したらそ

のまま轢かれます)

 

こんなふざけてるようなのですが、ほんとに悩

みました😷

 

そこで、ヒッチハイクに詳しい(?) 友達にヒッ

チハイクの極意を教えてもらいました。

友達によると、

 

・まずは、どこで車を止めて乗せていただくか

 

・次に、どのような方法で運転手にヒッチハイクということを知らせるか

 

・最後に、いかにして運転手に不審がられず安心して乗せてもらうか

 

だと言っていました。

 

たしかに車止める場所は大切ですよね。

ガードレールに突っ込んでいる車をヒッチハイ

クしても、そのまま一緒にJAFを呼ぶことから

始まっちゃいます。

 

そう考えれば車を止める方法も大切ですよね。

ゲームのグランドセフトのように着火瓶を車の

進行方向の道路に投げつければ恐らく止まって

くれますが、運転手が "自分" に変更されちゃい

ますもんね。(← そんなことはない、恐らく車

に乗ったまま逃げられる)

 

となると、不審がられず安心して乗せてもらう

こともものすごく大切ですよね。

カオナシのコスプレをして両手にロウソク2本

ずつ持った人が、しっかりしたブランド物のス

ニーカーを履いていたらそのギャップにすっご

い怪しみますよね。

 

これらの事例を考えると、上の3つの掟は当た

り前な気がしてきましたね。

 

そこで、掟の1番目から考えていくのですが、

具体的にはどこで車を止めていただけばいいの

か。

ということなんですが、車を運転してる身から

すると、停車しやすい場所に限りますよねぇ...

東京駅前の交差点のド真ん中でヒッチハイク

ても誰も止まってくれませんよね (それはそれ

でいろんな意味で止まってくれそうだが)

 

となるとまずは運転手側が停車しやすいところ

例) コンビニ・カフェ・飲食店の駐車スペース

などが最適ですね。

 

そして、どこで止めたらより早く遠くへ行ける

か。

と考えると答えは1つ。

そう!空港!!

 

ではないですよねぇ。それじゃあとは飛行機に

乗ってね!って、ヒッチハイクというより飛行

機ジャックしちゃいますよねぇ。 (←映画の見過ぎ)

 

正解は空港ではなく、

"高速道路の入り口付近"

でした。

まあ、そうですよね。車に乗せていただいての

移動ですからね。

 

え?そしたら港でもいいのではと?

たしかに、フェリーは車ごと乗せて移動するの

で...たしかにヒッチハイクではあるなぁ...

 

うん、これは正解の1つかもしれませんが、な

かなかフェリーに乗る人はいませんよね。

青森から宮城に行くのにフェリーで向かう人は

いませんもんね... (いたらすみません)

 

よし、話を戻すとこれで最初の掟の "場所"

は完璧だ!

 

次にどのような方法でヒッチハイクをするか...

恐らく深く考えなくても、適当に道端で手を上

げてれば止まってくれると思いますが(笑)

 

これではどこに行きたいのかわからないため、

乗せてくれる人は恐らく人身売買の方達ぐらい

のものでしょう!

なので、画用紙などに、自分の目的地 or サービ

スエリアの名前を書き、「〜〜まで」

という風に書きました。

こうすると、同じ方面に向かっている心優しい

人たちがたまに乗せてくれたりします。

 

最後に、いかにして運転手に不審がられない

か。

なのですが、これが1番難しかったです。

まあそうですよね、僕も知らない人が急に乗せ

てくれと言ってきても正直ちょっと悩みますも

んね。

 

運転手が女性である場合はなおさらですよね、

実際に過去にヒッチハイクを装った殺人などが

あったりしたらしいですからね。

 

では、どうやって不審がられずに乗せてもらえ

たのか!!

というと、、

 

正直なところ未だにわかりません(笑)

服装はとりあえず怪しくない、普通の大学生の

ような服装にしました。

 

あと他にしたことと言えば、とりあえず運転手

さんとアイコンタクトをとって、ジェスチャー

で語りかけました(笑)

 

手を地蔵のように合わせ、笑いかけながら..

(この時点ですでに孔子に変身)

 

すると、意外と運転手さんも笑い返してくれ

て、窓を開けて低速で走りながら話しかけてく

れたりしました。

 

なかなか対人関係的には好感触な場合が多かっ

たのですが、なんと言ってもまあなかなか乗せ

てくれない😭

 

というか大学生の春休み期間にこれを行なって

いて、しかも高速道路の入り口付近だったた

め、まあなんと言っても7割くらいが仕事中の

車だったんですねぇ🚚

 

仕事中の運転手さんの話し相手にはなれたもの

の、なかなか乗せてもらえない...

そして心配性である僕は、いつ乗せてくれ、ど

こで降ろされてもいいように、

旅費代・着替・電車の時間・新幹線の時間

などを準備してからヒッチハイクをしていたん

ですね。

 

なので、なかなか成功しないとなると、もうあ

と15分くらいで切り上げて普通に旅行しようか

 

となったわけですね。

自分の中であと15分だけ全力で粘る!!

と決めたため、15分の間 "センター試験最後の1

教科" を解いている受験生並みの集中力でヒッ

チハイクしてました。

 

でもなかなか止まってくれない...

これはもう退散だなだと思った直後に!!

 

なんと老夫婦の方達が止まってくれました!

なんと、旅行中だと!ものすごく仲よさそうな

夫婦の方達で、助かりました。

お父様の方は "日本男児"という感じの、寡黙で

芯のある感じの方で、お母様の方はなんとも寛

大な方で、ほんとにいい人達でした。

 

ですが、なかなかの緊張で何を話せばいいのか

わからず...

そんな時、車のラジオで甲子園の中継をしてま

した。

この中継を聞いた友達が

(あ、このヒッチハイク僕1人でやってるように書いてますが実は友達もいます 笑)

すかさず

「これ甲子園ですよね?今どことどこやってるんですか?」

 

と!!

僕は、(よし!よくやった!さすがお前はコミュ力の湖だ!)

 

と心の中で盛り上がっていました。

 

するとお父様が

お父様「これいま〜〜と−−の試合」

と。

よし、会話が成り立っている!よくやった友達!

と思っていたところ、友達がそれに返答。

 

友達「あー!えーっと。そうなんですねぇ...」

 

 

(をおぉいww

なんで甲子園詳しくないのに聞いたんやww)

 

もう僕の中は1人ツッコミで必死です。

 

これは何か次を探さないと...

と周りをキョロキョロしてると、ゴルフバッグ

が目に入りました。

 

これは!!

と思った僕はすかさず

「ゴルフなさるんですか?」と、

 

するとお父様は

「うん、実はゴルフしに行ってたからねぇ」

 

ここからは多少話したのですが、なにせ僕も友

達もゴルフをしたことがない...

 

そして理系である僕はまだ大学生を2年間続け

るからなおさらゴルフから遠い...

 

すると、もう社会人になる友達が会社に入って

からのゴルフの仕方を熱心に聞いて会話続行。

 

すると、お母様の方も徐々に会話に入って来て

くださり、なかなか賑やかに。

 

そんなこんなでしばらくゴルフの話をしている

と、話はなぜか菜園の話に...

 

どこでゴルフから菜園に飛んだのか全く記憶に

ないのですが、これまたやったことのない行事...

 

そこで、僕は今までの人生の記憶を絞り出しに絞り出して、ついに絞り出した1つが

 

"小学生の時にみんなで育てたヘチマ"

でした。

 

食用にヘチマを育てて、実ったらみんなで食べ

ようとしてたのだが、気づいたら洗面台のたわ

しになってた。

 

というごく普通の菜園の話をしました。

こんなオチのないヘチマの話なのにちょっと笑

いを取ろうとした僕は、笑ってくれるのを期待

していたのですが、

笑いなしのしっかりしたヘチマの育て方を教え

ていただきました。

 

もはやなんの記事を書いてるかわからなくなっ

て来たのですが、これが乗せていただいた1組

目の方達で

あと3組の方達に乗せていただいて目的地まで

行きました。

 

その3組みの方達との話も書きたいのですが、そろそろ4,000時になるのでとりあえずこの回は終わらせてもらいます(笑)

次回この続きを書くか、別の内容を書くかはま

だわからないのでよろしくお願いします(笑)

 

ではオサラバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出会いがない!でも彼女が欲しいという人必見!

さあ、前回に引き続きまして

"女の子との出会い方"

なんていう上から目線のタイトルなのですが、

今回も僕の成功した体験を書いていきたいと思います。

 

もし、

女の子と出会いたいのだけれど解決策が思い浮かばない!

もしくは、

彼女が欲しいのになかなかできない!

という人は、ぜひ僕の体験を参考に試していた

だきたいです!!

(保証はできませんが...)

 

さて、ではその解決方法をご紹介していきたい

と思います!

 

 

と、その前に...

女の子って意外と甘いものが好きじゃないんで

すねぇ〜、初めて知りました😨

 

僕はてっきり「女の子は甘いものを食べればす

べてのストレスがふっ飛ぶ」

 

ってくらい甘党の人が多いのかと思ってました

が、意外とそうでもなかったことに最近気づき

ました...

 

みなさん、「マックスブレナー」という

スイーツ専門店を知っていますか?

僕はどうしてもそこのお店に行ってみたくて

(男のくせに甘党です)

お付き合いしていただいてる彼女さんを9回ほ

ど誘ってみたのですが、ものすごく乗り気じゃ

ない...

 

彼女「そんな女二郎みたいなとこ行くくらいな

ら男二郎の方に行くわ😡🖕」

 

とでも言いたそうな顔で

 

彼女「えー、まぁ行ってもいいけどぉ...」

 

という感じなんですねぇ!!!

 

 僕は今から2年ほど前に、女の二郎と噂されている

"エッグ◯ンシング◯" のパンケーキを  

クリーム3倍増し増し&キャラメル多め  

にして挑戦をしたのですが、見事に惨敗でした...

なので、なんとしてでも

"チョコレートチャンクピザ"

で有名なマックスブレナーにいってみたいと思ってました。

僕は甘党でもあり、多少のジロリアンでもあ

るので、なおさらです!

 

しかし、肝心の彼女さんは意外と乗り気ではない...

 

そこで、なんで行きたくないのかを本人に聞い

てみると、

 

彼女「甘いのは好きだし、食べたくもなる。で

もずっとそればかりを食べるのは正直きつい」

 

とのことでした。

間違いない😕

人間程々が1番😕

とよく言いますが、本当みたいです...

 

ちなみに、男二郎と女二郎の写真はこちらで

す。f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170128215852j:imagef:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170128220000j:image   

 

 

とまあこんな話はどうでもよいので、そろそろ

本題に入ります(笑)

 

さて、この前はクラブの "学生イベント" につい

てご紹介いたしましたが、今回は何をご紹介す

るのか!?

というと

 

なんと!!!!

 

 

"""チャット""" です!!!!

 

「チャットっておい(笑)ネット上での出会い系的なやつだろ?(笑)サクラとか多いやつだろ?(笑)」

 

ってみなさん思うと思います。

正直僕も思ってました。

「じゃあなんでチャット始めたんだよ!💢」

って思うと思いますが、大学生の春休みはまぁ

暇で暇で...

 

そこで、僕は何を思ったのか、どうしても彼女

が欲しくなったのです!!(←正常な判断だわ)

 

というかもはや理系の僕からしたら、「女の子

と一緒に遊べたらなんでもいいや!」

ぐらいに女の子との触れ合いが全くなかったわ

けですねぇ〜。

 

このままだと本当に大学生活つまらないものに

なってしまうと思った僕は、

女の子と出会いたい!

と思ったわけですね。

でも、暇とは言ってもそんな一日中ずっと暇ってわけでもない、そしてクラブの "学生イベント" がある時期でもなかった...

 

そこで僕は、"手軽に・緊張することもなく・コミュ力が必要なわけでもない・しかも考えてから文章を書ける "

 

という、「チャット」を適当に始めてみたわけ

ですね。

 

そしてここらからが僕のポイントです!

 

もしチャットで女の子をゲットしたいなら、

チャットでは

 

出会いたい感を出来るだけ出さない!

 

男女偏ることなく平等に絡む、むしろ男に多めに絡め!

 

出来るだけ変なことをコメントしろ!

(変というか面白い?と自分が思うような...僕の

場合は2チャンネルの替え歌?などのような真

似事をしてました。)

 

この3つだけで、女性からの自分への警戒心は

だいぶ和らぎます!

 

チャットでは主に、

[ 暇な人・同じ趣味を語り合い人・同性の友達が欲しい人・異性と出会いたい人 ]

 

の4種類のタイプの人がいると思いますが、

主な層は "異性と出会いたい人" です!

 

そして、異性と出会いたいと思っている人は、

なんとしてでも女の子と出会いたい...

と、みんな同じ思いなのです。

 

そして、その想いゆえにみなさんが女の子に対

して同じような絡みになっています。

(チャットを見たことのない人は一度見てみると

一目瞭然だと思います。)

 

なので、その人たちと同じような感じで、女の

子になんとか好かれようとして "褒めるばっかり" や  "自分はあなたに好意を抱いていま

す" ということを示唆するような内容では、

たかが「大多数の中の1つ」 としか思われません。

 

そこで、ほとんどの人がそのような行動を取る

中で、上記の❶ ❷ ❸ を満たすような行動をし

ていると、女の子は

「この人なんか特殊だし面白い、しかもすぐ出

会いたがる危ない人でもなさそう」

と、"好意を抱いてくれる or 1人だけ違うため、目につきやすく注目してくれる" という場合がまぁなんと多いんですね!!

そして、❶ ❷ ❸ のルール通りにやっていると、割と女の子から

「面白いですね!笑っちゃいました!」

などと絡んできてくれることも多々ある!!

 

しかし、そこではまだ浮かれずに ❶ ❷ ❸ を貫くように!

そうすると、下心ではなく、本当に面白い人なんだなっと思ってもらえます。

 

でも、「そんなお笑い変人ばかりしてると恋愛に発展しねーよ!💢

どこで好意を示せばいいんだよ😡🖕」と

思うかもしれません。

 

結論から言うと、その好意を示すというタイミ

ングは、チャット上で...ではありません。

チャット上では、他の男も自分の狙っている女

の子に絡める状況。

しかも、自分もそのチャット上の男の中の1人

でしかなく、特別でもなんでもないただの歩兵

と同じ。

 

そんな中では、特別な感情なんて抱いてもら

うことはなかなか難しいですよね?

 

そこで、まずチャット上で絡んでから、ある程

度相手の警戒心が解けて、ある程度笑わせたな

と思ったら、次は別のSNSのアプリで絡んでみ

ましょう!

 

具体的には、チャット上で女の子に

「他のSNSアプリやってる?もしよかったらそ

っちで絡まない?」

などのように提案してみましょう。

 

僕の場合はtwitterでした。

いきなりLINEは、出会い系だと思われて警戒さ

れてしまうので、

"Facebooktwitter・LINE"

の中で個人情報が1番バレにくく、さらに絡み

やすいという "twitter" がベストだと僕は思いま

す。

 

これがまず第一段階です。

次に、twitterである程度仲良くなると、

twitter機能についているDMで個人的に絡んでみ

ましょう。

 

この時点でもうだいぶ女の子からの警戒心は解

けているため、ここらへんで多少盛り上げてか

ら、LINEのIDを交換しましょう。

 

この時も、相手の警戒心を出来るだけ緩和するために、

自分のIDを先に示してから「別にしたくなかっ

たら大丈夫だからね!一応これLINEのIDだから

もしよかったらよろしく!」

などの内容を一緒に送りましょう。

ここまでくればもうあとは人それぞれアプロー

チが違いますね。

 

僕の場合は、チャット上でやっていた❶ ❷ ❸ のルールを守った内容でLINEを少しつづけて、相手の警戒心を皆無にした後に、

「ちょっと声聞いてみたいんだけど、電話してみない?」

と言い、電話をすることでさらに好感度を上げました。

 

ここで注意していただきたいのが、

【電話をすることほど重要なことはない!!】

ということです。

 

電話をしてお互いの会話やキャラ、話しやすさ

などを把握するのとしないのでは、今後遊んで

もらえるかどうか・付き合ってもらえるかどう

かに大きく響くと言っても過言ではありませ

ん!!!

 

話を戻しますが、ここまでくれば (電話をすれば) もうやることは1つ。

そう、"遊びに誘うこと" です。

ここまで行けばあとは相手の返事次第・あなた

次第です!

 

【遊びに行ってからの行動・誘い方・女の子が

気に入ってくれるデート場所】

などについては、コメントを下さった方や、今

後に投稿していきたいと思います!

なので、もし気になる人は、ぜひ読んでいただ

けると幸いです🎶

 

あ、ちなみに僕が使って彼女を作れたアプリは

こちらです。参考程度に😄

f:id:matakotosimoganbaruka2013118:20170128232209j:image

 どのようなチャットアプリなのかというと、

twitterの形式をそのまま利用したようなチャッ

トになっているため、比較的従来のいかにもチ

ャットらしいチャットよりも大人数と絡みやす

く、さらに呟きやすく出来ています。

 

では、今日はこの辺でオサラバ